DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/07/21(月)   CATEGORY: 演歌
”出世街道”演歌旅3-3
父が昭和33年1月に倒れて、脳溢血と診断されました。
前年に会社が倒産して、お酒を浴びるように飲んだのです。
見舞いに上京しましたが、すでに中目黒の家は人手に渡り、母たちは小山町(港区三田)に借家住まいでした。

父は東京・芝の済生会中央病院に入院しました。
左半身と言葉が不自由になりましたが、一命は取り留めました。
その6年後、53歳で脳腫瘍に侵されました。
医師の説明では、最初に倒れた時に脳腫瘍はできていたようなんです。
視神経などをやられて、目と言葉がまったく不自由になり、以後15年間、亡くなるまで寝たきりの生活でした。

その後、私が運良く人気歌手にならなければ、とても経済的に面倒を見切れなかったですね。
この時、私は東京の華やかさを見てしまうんです。年ごろですもの。
もう、妹や弟がうらやましくてうらやましくて。
頭の中は東京と思いつつ、士別に戻りました。

士別高校を卒業と同時に地元の和・洋裁学校に入りましたが、結局、そこをやめて祖父母の反対を押し切って33年7月に上京します。
今考えても、15年もの間、手塩にかけて育ててくれたおじいちゃん、おばあちゃんには、申し訳ないことをしたと思います。

期待に胸弾ませて出て来た東京での生活が、波乱に満ちた青春になるのです。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 畠山みどりブログ「キラキラ道場」. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。